PreSonus eris3.5の購入後の感想【実機レビュー】

少し前に申し込んだ15000円分のマイナポイントが付与されたので何か欲しいものはないかと考えた結果、このPreSonusのeris3.5を購入したのでレビューしていこうと思う。

選んだ理由

この価格帯のモニタースピーカーならBEHRINGERのMS16かMACKIEのCR3-Xとも迷ったが、音質的に1番好みかつ前面に電源ボタンと音量ノブが付いていたのでこちらを選んだ。

開封と設置

presonus e3.5

同封しているものは電源ケーブル、左右を繋ぐスピーカーケーブル、音声を出力するステレオミニのrcaケーブルの3本と貼るタイプのスポンジパッドだけ。


アンプ内蔵のL側本体の背面はこんな感じで左上にチューニング用のノブと横にバスレフとスピーカーケーブルの端子、あとはtrs、rca、電源の入力がある。

presonus e3.5

まずは全て純正のケーブルでデスクの上に平置きで音を出してみると、私の環境がスピーカー本体の後ろにすぐ壁がある状態のせいかも知れないが、かなり低音が強調される。背面にあるアコースティックチューニングのイコライザーで高音と低音それぞれ±6dBまでの範囲で調節できるので、低音を落としてみたら多少聴きやすくなったがそれでもまだ低音が大きい。

低音が強調される原因は高音の指向性が高く、本体の角度を自分の耳のあたりに向けないと高音が聴こえにくくなってしまうので調節用のスピーカー台が必須だった。
色々なスピーカー台を探したが値段が結構高かったので、私はAmazonで安く売っていたこれを買った。

金属製で見た目の割にかなり重いので安定感があり、より仰角がつく裏面での利用なら電源ケーブルにも干渉しないのでかなり良い。これのおかげで高音がかなり聴こえやすくなり、こもり気味だった低音もスッキリした。
あとはインシュレーターの代わりとして袋ナットを台につけてみた。あまり違いはわからなかったが、まあプラセボ効果で音質がよくなった気がする。

presonus e3.5

presonus e3.5

 

音質

音質に関しては非常にフラットで全ての音域が綺麗に聴こえ、解像度が高く各楽器の分離感もかなり良いと思う。
リスニング用スピーカーの様にドンシャリな音ではないので楽器に興味のない人が聞けばつまらない音に聴こえるかも知れないが、楽器を聴きたい人にとってはうってつけだと感じた。そしてかなりの大音量を出しても破綻せずに良い臨場感と雰囲気をだしてくれる。

ただ音質が良さのせいかYouTube等の動画が音割れしたりしているとすぐにわかるので動画鑑賞にはあまり向かないのかも知れない。
あと音域が80hz〜20khzなのでそれより低音だと、音が小さく聞こえる時があるが値段が値段なのでそこは致し方ない。

まとめ

この価格帯でこの音質なら非常に良い製品だと思った。音質が好みでないとか低音がもっと欲しい人はもう少し予算を上げてYAMAHAのスピーカーを買えばいいし、予算が15000円程度ならこれにすれば失敗はないんじゃないかと思う。

コメント

この記事を書いた人
もといち

ギターと洋画と漫画が好き。

超初心者ブロガーですが日々手探りでブログ書いてます。

FOLLOW

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました